エア自転車こぎで便秘解消しながら下半身ダイエットも!

エア自転車こぎ

エア自転車こぎ、という体操をご存知ですか。

元々は脚の浮腫みを解消したり、脚に程よく筋肉をつけて下半身をほっそりさせるための運動です。
このエア自転車こぎ、脚やせだけでなく便秘にも効果があるんです。

そこで、エア自転車こぎの効果ややり方などご紹介したいと思います。

エア自転車こぎが便秘に効く理由

エア自転車こぎは、仰向けに寝た状態で腰を持ち上げて自転車を漕ぐように動かす運動です。
腰を持ち上げることで、重力によって下がっていた内臓が元の位置に戻ります。

特に筋力の弱い女性は内臓を支えきれず、胃が下に下がってきてしまいます。
そうすると、胃が腸を圧迫してしまい、便の通りを悪くしてしまうので便秘になってしまいます。

エア自転車こぎはその下がった胃を元に戻す効果があるので便秘を解消する効果があります。

また、便秘の原因は色々ありますが、ほとんどが運動不足による筋力低下です
お腹周りの筋肉が低下することで、腸への刺激が弱くなり腸の動きが鈍くなり便秘へつながってしまいます。

エア自転車こぎは腹筋も使うので、腸への刺激がいくだけではなく、腹筋が鍛えられて便秘の解消につながります。

エア自転車こぎはダイエットにも効果あり

エア自転車こぎは、便秘を解消するだけでなくダイエットにも効果があります。

脚を上にあげることで、血の巡りやリンパの巡りがよくなり浮腫みが解消されます。

また、血の巡りがよくなることで代謝が上がり、下半身の脂肪が燃えやすくなります

ハードな運動ではありませんが、腹筋や太ももも鍛えられるので、お腹を引っ込ませたい方や太ももを細くしたい方にもオススメです。

特に20歳を超えてからは毎年1%ずつ筋肉が減っていくと言われています。
筋肉が減ると基礎代謝がどんどん落ちて、太りやすくなってしまいます。
太ももや腹筋などの大きな筋肉を鍛えるのは基礎代謝アップにとても効果があるので、食べる量を変えてないのに太りやすくなったなーと思う方におすすめです。

エア自転車こぎのやり方

エア自転車こぎはとても簡単です。

  1. まず仰向けに寝転がります
  2. 両手で腰を支えるように持ち上げ、そのまま腰を高く上げます
  3. この時下腹に力をいれましょう
  4. その状態をキープして、自転車を漕ぐように足をまわします
  5. 1分したら、反対方向にもまわします

たったこれだけです。

エア自転車こぎ

ポイントは、下腹に力を入れて、足が床に対して垂直になるようにしっかり上げることです。

腰を痛めている方は、腰を持ち上げず床につけたまま、足だけ動かす方法でも構いません。
ただ、腹筋には力を入れて動かすようにしましょう。

回数や時間は?

エア自転車こぎは、やる時間帯や回数などは特に決まりはありませんが、血行がいいタイミングでやると浮腫み解消などの効果が得られやすいのでお風呂上りがおすすめです。

また、便秘解消効果をアップするには朝もするのがおすすめです。
朝起きて水分を摂ったり少し体を動かしてから行うことで、お腹に刺激がいって便秘が解消されやすくなります。

朝はデトックスタイムとも呼ばれていて、体が排出モードになっています。
水分を摂って食事をする前に体を動かすことで、便秘が解消されやすくなるのでおすすめです。